ピーターパン
03/26/2017
アラジン
03/30/2017

「眠れる森の美女」

私の大好きなディズニーアニメのひとつ「眠れる森の美女」。

ストーリーも好きですが、絵のタッチが昔のディズニー感が出ていて、いいですよね。

1959年1月に公開された「眠れる森の美女」。

製作期間は6年間、製作費は600万ドル(約6億円)と莫大でした。
しかし、公開してもあんまりヒットせず興行収入は530万ドル(5億3000千万)に終わってしまいました。

当時、ウォルト・ディズニーはアメリカ・カリフォルニア州のディズニーランド建設で忙しかったようです。
ウォルトは「眠れる森の美女」にあまり力を入れる余裕はありませんでした。
それが影響して、作品の出来は100%とはいえないものになってしまったのではという声もあります。

私はそうは思いません。笑

興行的には失敗したものの、カリフォルニアのディズニーランドのシンボルのお城が眠れる森の美女の城になったり、マレフィセントがヴィランズの中心的存在になるなど、「眠れる森の美女」はその後のディズニーに大きな影響力を及ぼしていますよね。
また、実写版映画「マレフィセント」は大ヒットしています。

眠れる森の美女の原作はご存知ですか?

原作は1634年に出版されたジャンバティスタ・バジーレによる「太陽と月とターリア」の童話ですが、
その後少し内容を変えてグリム童話よりも100年ほど早く出版されたペロー童話集の中にも出てきます。
そして、グリム童話のいばら姫(茨姫)も眠れる森の美女の原作でもあります。

ディズニーの眠れる森の美女は、王子様がオーロラ姫にキスをして助けるハッピーエンドで終わりますが、
原作の内容はなかなかきついです。
ほぼポルノです笑

太陽と月とターリアのお話
ターリア(オーロラ姫)が眠り続けているときにやってきたのは隣国の既婚者の王様でした。
彼は彼女の意識がないのをいいことに貞操を奪います。(簡単にいうと、レイプです。)
そして彼女は妊娠し、二人の子供を出産しますがそれでも目を覚ますことはありません。
オーロラ姫が眠りから覚めるとそれをよく思わない王様の嫁が子供たちとオーロラ姫を殺そうとしましたが、
王様が気づき助かります。
その後、オーロラ姫は自分をレイプした王様と暮らし続けるのです。

一方、いばら姫のお話
お姫様が指にトゲを刺して長い眠りについてしまう。
その百年後、ハンサムな貴族が通りかかり、彼は眠ったままの姫をレイプしました。
9カ月後、姫は男子を出産。
この男子がお姫様の指を吸うと、トゲがポロリととれて、姫は長い眠りから覚めます。
その後、貴族は再び姫のもとを訪れ、2人は不倫関係になってしまいます。
やがて、その関係は貴族の本妻にバレて、怒り狂った本妻は、
姫の子供を捕まえて、ソースで煮込んで調理するよう料理長に命ずるのです。
夫(貴族)がその料理を食べた後、妻は勝ち誇ったように「あなたが食べたのは、自分の子供ですよ!」と告げます。
しかし、じつは料理長の機転で料理したのは山羊の肉でした。
子供は無事で助かったというハッピーエンド?で終わるのです。

2つのストーリーを比べても、内容は似てますよね。
どっちにしろディズニーの眠れる森の美女の話は、汚い部分をかなり削ぎ落とした作品となってます。

グロい原作もディズニーのストーリーとアニメーションで描かれるとまさかそんな原作から作られたとは誰も思いません。

他にもグリム童話からディズニー作品になったものは、シンデレラ(灰かぶり姫)や白雪姫などがあります。

眠れる森の美女のキャラクターで3人の妖精(フローラ、フォーナ、メリーウェザー)が出てきますが、
グリム童話では12人の魔法使い。
ペロー童話では7人の妖精が出てくる設定になってます。

私はこの3人の妖精が好きで、特にフォーナがなんとなく好きです笑
フローラとメリーウェザーが魔法でドレスの色変えバトルをしなければ、マレフィセントのカラスに見つからなかったのに。。。笑
作品の音楽がまたいいですよね。
オーロラ姫とフィリップ王子がダンスをするときの曲とシーンはすごくいいです💘

眠れる森の美女見たくなってきました。。

シェアする:

Sort by:   newest | oldest | most voted
Anna

DVD持ってるほど好きです!
私はオーロラ姫のドレスピンク派です。わら
原作知ってびっくりしました!!!
でもやっぱりディズニーのが1番です♥

… [Trackback]

[…] Informations on that Topic: aqua-universe.com/blog/archives/3306/trackback/ […]

Monsieur et madame Domergue vivaient heureux, dans la maison ou
ils s’etaient retires; ils se plaignaient seulement d’etre
bien seuls, ils gardaient rancune a Campardon de leur avoir
enleve ainsi leur petite Rose, pendant un sejour fait a Plassans, pour des travaux. http://www.sophiechassat.com

O que se passa eu sou kavin, sua meu primeiro ocasião comentando em qualquer
lugar , quando eu li isso n. eu pensei que eu poderia também fazer comentário devido a
esta sensata n..

Eu sei disso local dá qualidade Dependendo posts
e adicionais material, existe algum outro web site que
dá estas informações em qualidade?

wpDiscuz